So-net無料ブログ作成
検索選択

新築住宅 外装(サイディング編3) [外装材料一般]

 前回の続きです、金属系サイディングといえば、断熱材と一体型の物があります
ガルスパンとかですね、これは名前の通り、ガルバニウム鋼板の裏に断熱材が張ってあり
これで外断熱材として使う事ができます。

Ranking・・・・・・・・

 お金さえあれば、RCの建物の場合、主要部分をこれで覆うと、コンクリートが外部から
隔離されますので、建物の耐久度が大変上がります、風雨だけでなく
温度変化も少なくなりますから。
 本当の高耐久住宅ってのは、こういう事をした物を言うような気がします、まあそれなりに
お金がかかりますが、多分一生余裕で住める家になると思います。

※もちろん、サッシュとかサイディングのシーリングの打ち直しはやってね、あと30年くらい
  たったら、サイディングの見直しも必要かもしれませんが、躯体は元気なはずです。

 職場のサイト「計画工房」 正直なんでもやる所ですが、住宅、共同住宅が多いですね
  ↑リンクです 設計のご依頼がありましたら、是非(^-^)、大規模リフォームもします。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(1) 
共通テーマ:住宅

nice! 0

コメント 1

いつかローマへ

はじめまして、
私の家の外壁は、設計士さんのお勧めで1Fは無塗装ラムダ、2F,3Fはアルスター鋼板を使っています。これも金属系サイディングなのでしょうか、施工の業者の方には、この外壁は丈夫でいいよって言われていましたが、7年目をむかえ特に問題は感じていません。唯一不満といえば、北側壁の雨の跡が残ってしまうこと、これは設計する際に、2Fと1Fの間の雨きりを工夫してもらったほうが良かったと思います。
by いつかローマへ (2006-09-24 03:29) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。